Monthly: 2017年12月

date 2017.12.14
category news
tags
comments none »
RSS RSS 2.0

ナムジュン・パイク展@霧島アートの森

illustration ©ohtematic


既に会期終了の情報で恐縮ですが、最終日ギリギリセーフでたどり着いた霧島アートの森。「ナムジュン・パイク展」ですよ〜!
学生だった1980年代後半は、メディア・アートの時代でした。家庭用ビデオが急速に普及し、誰もが映像を保有したり、作り出したり出来る時代が到来したんです。あの頃のメディアに対する空気感、これは本当に特殊なもので、80年代を象徴する感覚とも言えます。その代表格のアーティストが他ならぬナムジュン・パイクなのです。自分が影響を受けていたYMOの坂本龍一氏とも交流があったり。坂本氏のアルバムで自分が一番好きな「音楽図鑑」の最後を飾る名曲「A Tribute to N.J.P」のN,J,Pはナム・ジュンパイクのことなんですよ~。とにかく、色々と思い出してしまう展覧会。広義のメディア・アートの中には、ビデオ・アートというジャンルがあり、この感覚がまた、民生用のビデオデッキにまで採用されてたんです。自分が学生の頃に持っていたVictorのデッキには、ソラリゼーション機能が付いていて、自分の作品をこのデッキでナムジュン・パイク風に変換していました。
1980年代後半は、芸術が時代を引っ張っているという実感があり、その渦中で自分が勉強をできたことは本当にラッキーだったと思えるんです。2017年から見ると「全てが錯覚だったのではないか」と思えてしまいます。

date 2017.12.14
category news
tags
comments none »
RSS RSS 2.0

かめまる庵 うどん・そば

illustration ©ohtematic

誰が描いたのか、とても愛らしいキャラクターとロゴです。砂浜で遊んだ後は、ここでおそばやうどんを食べます。休日とあって、かなり混雑していました。

date 2017.12.14
category news
tags
comments none »
RSS RSS 2.0

ビーチコーミング

illustration ©ohtematic


12/3も冬の海に出かけました。今回は砂浜に落ちているものをひたすら拾う時間。最近は、自分よりも子供達の方が楽しんでいるようです。人間が作り出した空間でお目当の商品を探すよりも、「何が起こるか分からない」というスリルはあるんだろうと思います。陶片は、もともと人間が作り出したものなんですが、海を漂っているうちにエッジが丸くなって・・・そこに果てしない物語が追加されています。砂や小石も、それぞれに途方も無い歴史が内包されている。言葉にすると野暮ですが、子供達は一瞬でその価値を理解しているのかも知れません。

date 2017.12.14
category news
tags
comments none »
RSS RSS 2.0

忘年会

illustration ©ohtematic

武蔵野美術大学校友会・鹿児島支部の忘年会が私の暮らしている永吉で行われました。海岸近くにアトリエを構える先輩のお宅を借りて、地元「大田商店」のお鍋セットを配達してもらいました。参加者は16名。お腹が空くまでのちょっとした時間に、吹上浜に行って冬の海を楽しみました。
雪景色にも感じられる砂丘が広がっています。

date 2017.12.14
category news
tags
comments none »
RSS RSS 2.0

12月

illustration ©ohtematic

もう12月・・・しかも14日か〜。早いなあ。夏から抱えていた「終わりそうで終わらない仕事」にようやく目処が付いて、ようやくブログを書いております。
画像のサンタクロースは、アサカツに最近加わった新しいメンバーの作品、最近、永吉に移住してきた方なのです。折り方を覚えている様で、器用にササッと折りあげていました。
アサカツは、続けることに意義があると思って随分と時間が経ちましたが「もうダメかも知れない」と思った時に新しい出会いがあったりするものなんです。
まだ、参加していない方は是非語りましょう〜。土曜日の朝7時から、吹上永吉郵便局前の「永吉銀座」でやっています!