ohtematic.com

news

date 2017.11.29
category news
tags
comments
RSS RSS 2.0

いろんな展示

いろんな展示

駆け足でいろんな展覧会を見てきました。全体的に感じることは、匿名性が高くなってきたのではないか?ということ。「展覧会のSNS化」とも言えると思います。「名前を売ってナンボ」の世界(死語だけど、目立とう精神の世界)だと昔は感じていたけど、今は共感できる人だけに伝わればいい、そんなムードなのかも知れません。今回はとても充実した展示もあり、作家と話をして刺激も受けました。それはそれで昔と変わっていない、良いところなのでしょう。
例えば、ローマ字表記のTaroとかHanakoといったような作家が目立つことにも、SNSを感じたんですね。知り合いからもらったDMを頼りに出かけたけど、会場について、どの作品が知り合いのものなのか、全くわからない!きちんと名乗った方がいいと、自分は強く思う。名乗ることで自分の表現に責任が持てるから。
展覧会をすることは特別なこと。自分はそういう意識で活動してきたんですが、美術に限らず、全ての分野で今は誰もが表現者です。そんな時代だからこそ、自分は特別なことを余計に考えなくてはいけなくなっています。

Comments: 2 comments

コメントを書く↓

  1. ポランカのマスターとお話ししましたか?
  2. ohtematic

    いえ、お会いしたことはないんです・・・チャリーモくんのお知り合いなのかな?

Comments

◎アイコンを表示するには?
gravatarに登録すると表示されます。

◎コメントが表示されない?
→ 承認をお待ちください。一度承認されると次回以降はすぐ書き込めるようになります。