ohtematic.com

news

date 2017.10.2
category news
tags
comments
RSS RSS 2.0

データ移行

データ移行

個展の準備で、1995年くらいのデータが必要になり一苦労。この時期に製作したイラストのデータはMOと呼ばれるディスクに記録されています。奇跡的に、アトリエで眠っていたPowerMacG4がMacOS9で起動し、これまた奇跡的に、2010年に生産が終了しているMOドライブも問題なく起動しました(現在仕事で使っている環境では、このMOドライブは認識されませんでした)。昔のMOディスク14枚を、PowerMacG4を介してUSBディスク1個にデータ移動させることに成功。記憶メディアのコンパクト化に歴史を感じた瞬間でした。
20年以上前のデジタルデータなので、保存形式が気になっていましたが、それぞれのファイルに拡張子「.ai」などを加えることで現在使用している環境でも無事に開くことが出来たんです。(何故昔のファイルに拡張子がないのかは、ちょっと忘れてしまいました。)アナログの絵画と違って、パソコンのモニタ上では、昔描いたイラストというニュアンスは全くない。劣化しないという意味ではデジタルの利点ではあるのですが、今回奇跡的にハードが動かなければ、誰にも見ることは出来なくなっていたんです。保存に関する確実性という点ではアナログに軍配があがるのではないでしょうか。
今はクラウドに保存するのが当たり前になっていますが、クラウドって破壊されることもあるんじゃないか、そうなった時の、人類が困り果てた様子は想像したくないですね。

Comments

◎アイコンを表示するには?
gravatarに登録すると表示されます。

◎コメントが表示されない?
→ 承認をお待ちください。一度承認されると次回以降はすぐ書き込めるようになります。